クモ膜下出血のしくみ


クモ膜下出血のしくみは

人間の頭部は脳細胞の周りに大脳皮質があって
大脳皮質の周りに脳膜があり、脳膜は頭蓋骨によって守られ
頭蓋骨は頭皮におおわれています。

この脳膜の部分が軟膜、クモ膜、硬膜からできていて
クモ膜の中はクモ巣の状態になっています。
クモ膜の中には毛細血管がクモの巣のようになっていて
この部分には透明な脳脊髄液があります。

透明な脳脊髄液の中の血管が動脈瘤によって破裂して
破裂して脳脊髄液の中に混じった血液はクモ膜にぶつかります。
このぶつかった瞬間に頭部に激しい痛みを与えます。

動脈瘤が破裂する原因は高齢化という要因もありますが
血管の動脈硬化によって動脈瘤ができて破裂することが原因です。

動脈硬化は高血圧症や血液の中の血栓が血管の壁を付着させ
血管の通り道を狭くしてしまうことも原因です。

クモ膜下出血は40代や50代の人にも多いのですが
若い人にも増えてきています。

クモ膜下出血は発症してから2,3日で死んでしまう場合が
3割ですから怖い病気になっています。

これがクモ膜下出血の仕組みです。

フコイダンの効果

女優小倉遥のきれいにやせる方法

宮田流ひざ痛改善★1日7分でひざ痛改善

男性の美容整形

コップ1杯の水が脳梗塞予防

脳梗塞の症状、水分補給予防


脳梗塞が起きると障害部位に応じて様々な症状が現れます。
脳は全身のあらゆる機能の司令塔であります。


左右の脳から出た神経は首の部分で交差して全身へと伸びています。
運動障害や感覚障害は、もし右脳に発生した脳梗塞ならば、
左半分に症状は現れ、左脳に発生した脳梗塞ならば、
右半分に症状が現れます。


身体の左右のどちらかが、動かせない、力がはいらない、
しびれる、感覚がにぶくなる、片ほうの目が見えずに
視野が半分かけたりする。


言葉がでてこなくて、ろれつが回らない、足もとがふらつく、
めまいがする、立てなくなって倒れる。


こういう症状が起こったら、医療機関を受診したほうが良い。
高血圧や糖尿病がある人はすぐに受診したほうがいいです。


夏の脳梗塞を防ぐ対策として、こまめに水分を補給して、
体内に水分をおくります。
体内の水分が不足すると、尿の色が濃くなります。
湿度や気温が高いと汗を多くかきます、身体が脱水状態になると
血流が悪くなり、血栓ができやすくなります。
血栓は血管を詰まらせる原因になります。


夜寝る前のコップ1杯の水を飲むことが予防にもなります


脳卒中の予防のために高血圧症を改善する方法


自宅で高血圧を改善する呼吸法・危ない高血圧の降圧剤ハイトラシンの副作用


脳卒中の予防・前ぶれ・

脳卒中の予防・前兆


脳卒中の予防として、高血圧、糖尿病、高脂血症を防ぐことです。
とにかく、肥満を防いで、食生活では、良質のたんぱく質を摂るように
心がけ、コレステロールを多く含む食品をさけて、食塩を摂り過ぎないこと。


血圧、糖尿、コレステロールの検査を定期的におこない、
早期発見、早期治療に努める。



脳卒中の中で、脳梗塞は後遺症を残します。
脳梗塞は脳の一部が死ぬわけですから、死んだ脳の部分が
足ならば、足に。目なら目のどこと関連しているかで、
片麻痺の症状をおこします。


脳梗塞の発作は、脳出血に比べて、意識障害が少なく、頭痛や吐き気も
軽度ですが、後遺症は覚悟しなければなりません。


脳梗塞の前兆は、発作で、片麻痺、失語症、片眼が急に見えなくなる
ような症状をおこしますが、1時間以内、あるいは24時間以内で
症状が消えてしまうことから、一過性脳虚血性と呼ばれています。
この発作は動脈硬化が進行していることですから、脳梗塞の前兆として
慎重にとらえるべきです。



脳梗塞の中で、クモ膜下出血は今まで経験したことのない頭痛です。
はげしい頭痛と意識障害です。重症の場合は発作とともに意識を失って
こん睡状態となって、そのまま死亡します。




コレステロールを血液中に溜めないためにレシチン(豆類)を摂る。
コレステロールが多く含まれる食品を避ける。
豚レバー、かずのこ、うずらの卵、鶏卵の黄味。
砂糖や果物の食べ過ぎも控えること。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。